HOME > Blog article: 「白ひげ電車」のお話 -

「白ひげ電車」のお話

「白ひげ電車」パックできました

白ひげ電車 フロントの白いラインが「ひげ」のように見えます!

★今も昔の姿のまま走りつづけている「白ひげ電車」ものがたり

「白ひげ電車」とはM101号車のことで、1961年路面電車の最盛期にラッシュアワーの輸送力増強のために2輌連結の親子電車として作られました。1970年にワンマンカーにするために切り離され、動力の付いていない子のTcー1の包は廃車になり、今も交通博物館に展示されています。この時ワンマンカーを表す「赤ひげ」の塗装になりましたが、1980年代に入り全車ワンマン化に伴い「白ひげ」になり現在に至っています。2003年頃から始まった韓流ブームの中で1997年韓国の人気俳優イ・ビョンホンさんが出演したミュージックビデオの撮影に使われていたので、彼が座った席はビョンホンシートと呼ばれ人気をあつめました。その後、2010年には札幌の人気俳優大泉洋さん主演の映画「探偵はBARにいる」の撮影にも使われました。なお、「白ひげ電車」とは一般的な呼称ではなく、白いラインが「ひげ」と呼ばれていたので勝手に名付けたものです。

★ショーケース内 のジオラマ

電車パック2

新旧の電車「ポラリス」と「白ひげ電車」

HOMEシャモニーについてメニューおすすめスイーツ
アレルギー対応ケーキご注文工房だよりサイトマップ
Copyright ©2007 Patissrie Chamonix All Rights Reserved.